Free Traveler

山、川、海が育む自然を対象に、なまら旅して、なまら撮る。

シンドラーのリスト 〜ユダヤ人のアウシュヴィッツ行きを阻止するドイツ人実業家〜


シンドラーのリストという映画を観ました。

監督はジュラシックパークなどで有名なスティーブン・スピルバーグ

 

シンドラーのリストの内容

 

●映画「シンドラーのリスト」劇場予告
 



物語の背景は、
第二次世界大戦時のナチスドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト

そんな中、ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーが、自身経営の軍需工場での生産に欠かせない人材という名目で、アウシュヴィッツ行きのユダヤ人1,100人以上を労働者として救い出す実話に基づいた話。

低賃金のユダヤ人を労働力とし一儲けして財を築き上げていたシンドラーですが、
物語が進むにつれて全財産を投げ打ち、軍と取引してアウシュヴィッツ行きのユダヤ人を救い出す優しい姿を見せていきます。

 

 


物語の中で、工場に送られるはずだったユダヤ人女性たちが誤ってアウシュヴィッツに送られてしまいます。

髪を切られ、シャワーで消毒をさせられたりとひどい扱いをされる。

手違いとはいえ、こんな間違いは避けてくれと言いたい。


終戦と同時に追われる身となったシンドラーはユダヤ人を解放し、最後の演説をして見送られます。

 



”1つの生命を救う者が世界を救える”


ユダヤ人会計士シュターンがシンドラーに残した最後の一言。

本当に世界を救う人にはシンドラーのような優しさと決断力が必要不可欠かもしれません。


冒頭の一儲けしようとしていたシンドラー からは想像もできない変化です。


映画の流れで徐々に心境の変化があることは伝わってきますが、最後にとても優しい人間であることが溢れ出るように伝わってきます。


この映画はホロコーストを描いた映画の代表作としても有名です。

 

シンドラーのリストのメディア

 

広告を非表示にする