読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free Traveler

なまら旅して、なまら撮る

袋田の滝(茨城県)〜冬を彩る奥久慈のライトアップ〜

20131208_Fukuroda Falls 008

 2013年12月8日(日)

 茨城県久慈郡大子町にある袋田の滝(ふくろだのたき)へ行ってきました。

 日本の滝百選にも選ばれ、栃木県の華厳の滝和歌山県那智の滝と並ぶ日本三名瀑にも選定されています。

 そして袋田の滝は秋から冬になると「大子町が一年で最も美しく表情を変える」と呼ばれるライトアップで有名ということを知りました。

 「そこまで語られるほどの滝を一度見てみたい。」

 2013年が終わろうとしている頃、茨城県北部へ滝を見に行った記録を残します。

袋田の滝の記録

日 付:2013年12月08日(日)

天 気:快晴

場 所:茨城県久慈郡大子町

人 数:2名

交 通:車 

季節感じるスカイライン

20131208_Fukuroda Falls 002

 朝起きるとすでに日が昇っていた。

 例のごとく、中野区在住のマルちゃんをピックし時間にゆとりを持って都内を早めに出発。そこから茨城県にある筑波山の麓から伸びる筑波スカイラインに立ち寄ることにした。

 筑波山を最初に訪れたのは登山を始める前。初夏の少し暑くなり始めた頃、同級生と来たのが懐かしい。 

free-traveler.hatenablog.com

20131208_Fukuroda Falls 001

 筑波山から山麓へかけて進む赤く染まった紅葉の木々。あと1ヶ月もすれば秋も終わり冬になる。

 季節の変わり目になると、どこか寂しさのようなものを感じるが、同時に新しい季節への訪れを期待してしまう。

20131208_Fukuroda Falls 003

 筑波山で季節を感じた後、日暮れの時刻に合わせて袋田の滝のある奥久慈を目指した。

トンネルの向こう側

20131208_Fukuroda Falls 004

 袋田の滝の駐車場に着くと日も沈み、あたりは静けさに包まれていた。

 僕たちは滝に向かって引き込まれるかのように進んだ...

 近代的なトンネルを抜けたその先からは滝の流れる音が聞こえる。それが次第に大きくなると同時に、高揚する胸の高鳴りも大きくなってきた。 

 

。。。

 

20131208_Fukuroda Falls 012

20131208_Fukuroda Falls 011

20131208_Fukuroda Falls 010

20131208_Fukuroda Falls 007

20131208_Fukuroda Falls 006

20131208_Fukuroda Falls 005

 

。。。

 

20131208_Fukuroda Falls 009

 想像していたよりも壮大で豪快。近くで見ることでそのチカラを肌で感じることができた。

 そんな美しさに見惚れている中、ファインダーを覗いて写真を撮り続けていたら、一緒に来ていたマルちゃんがあまりの寒さに横で震えていた。

 袋田の滝は一緒に行った人の事を忘れるほど夢中にするチカラがあるみたいだ。

20131208_Fukuroda Falls 014

 帰る前に冷えた体を温める必要がある。

 そんな建前をもとに、大子町で有名な奥久慈しゃもを食べた。その引き締まったしゃも肉は低脂肪でヘルシー、それでいて肉の旨みが凝縮された噛み応えがあり、冷え切った身体を温めてくれた。

 

袋田の滝のまとめ

20131208_Fukuroda Falls 013

 茨城県北部の小さな町の山奥にある滝。

 時間ごとに七色に変化する滝は、次々と姿を変えて終始僕たちを楽しませてくれた。「一年で最も美しく表情を変える」と言われるのも頷けます。

 四季折々で趣の異なる美しさがありますが、真冬になると凍結して「氷瀑」になり、アイスクライミング愛好家にも人気のスポットで知られています。

 また訪れる機会があれば、違う季節の異なる袋田の滝を見てみたいと思います。

袋田の滝の位置 

 

広告を非表示にする